キレイな歯は笑顔を100倍にする

 ヨーロッパやアメリカでは歯並びをとても気にします。歯並びが汚いと育ちが悪く思われるのだそうです。また歯並び以外にも歯の白さもとても気にするそうです。お金持ちの人達の中には大人になってから歯並びを整えるために、歯並びを良く見せるために、自分の歯をわざわざ抜いてセラミックの歯を新しくいれる人もいるそうです。セラミックの歯は劣化することが少なく、だから丈夫で長持ちする歯として日本でも良く使われていますが、でも値段が高いので誰でもすぐに・・という訳にはいきません。ですから、海外の人でも日本人でもお金を貯めてまとまった額になったら歯並びを良くしたり、歯のホワイトニングをする、という方が多いのだそうです。

 

歯が綺麗に整っていると、笑顔に自信が持てます。自然で自信に満ちた笑顔が出来る人ってとても魅力的ですよね!歯並びを直ぐに良くしようと思うと難しいのですが、でも歯のホワイトニングが自宅にいながらでも始められますよ。超簡単!自宅ホワイトニングはこちら。

 

自宅で出来る歯のホワイトニングの特徴は簡単で比較的安い費用ですることが出来る、という点です。費用は2000円~3000円くらいからでも始められます。歯のホワイトニング用のキットが売られていますので利用するのが良いでしょう。歯に優しい薬品を使っているので、例えばいつも使っている歯磨き粉の変わりに歯のホワイトニング効果のある薬品を使うのも良いでしょう。自宅でする歯のホワイトニング、デメリットは即効性が無い、という事です。例えば歯医者さんでするような歯のホワイト二ングはその値段も高額なことが多いのですが即効性があります。直ぐに歯が白くなったと実感できます。自宅でする歯のホワイトニングにはそのような即効性はありませんが、でも比較的長い期間でも薬品を使い続けることが出来るので、長期的にみると歯が白くなってくれます。

自宅で使う歯のホワイト二ングの薬剤は歯の表面を溶かしていくようなものではないので、安全に使えます。歯医者さんのホワイトニングには歯の表面を溶かしてセラミックを塗り固める方法や特殊な光を当てる方法など様々あります。時間がかかることも多いのです。簡単に始められる歯のホワイトニング方法をお探しなら、自宅で使える歯のホワイトニングキットを試してみましょう。

 

 

写真にキレイに写るコツ

写真映りを良くしたいのなら、ちょっとメイクを濃くしましょう。ナチュラルメイクだけれど、濃いメイクが写真写りをよくするメイクです。

写真はもちろん紙に現物を写すものです。現物はでこぼこと立体的3Dですが、でも紙面は当然2D。立体感が無いのですね。目鼻立ちのはっきりとした外国人やほりの深い人が写真に写ると、とてもきれいに写真映えするように感じます。これは光と影のバランスを写真で考えた時にとても顔の凹凸にメリハリがついて綺麗に見えるからです。ほりの深い人や外国人が写真に写るときれいに見えるのはこのおかげなのですね。

 

でもほりのあまり深くない人、いわゆる日本美人は写真に写った時にきれいに見えないか…というとそんなこともありません。大人の女性には写真に写る時にメイクを濃くする、というマジックがあります。メイクを少し濃い目にすると写真写りが良くなりますよ。

でもこの写真のためのメイクにもちょっとコツがあって…。それは顔のオウトツを利用する、オウトツを活かすメイクが良いでしょう。つまり顔を冷静に客観的にみて顔の光を受ける部分おでこや鼻筋にはちょっと明るめの色を塗って、顔のへこんでいるところにはちょっと暗めの色を入れる、これだけで顔のオウトツが活きるメイクになります。そしてそれにプラスして、自分の売り出したいポイント、チャームポイントを強調したメイクをするのが良いでしょう。目を大きく見せたい人はアイラインを強く、唇の形を活かしたい人は唇に綺麗な口紅を塗る…などなど。

 

これらメイクのテクニックにプラスして、カメラの特徴も頭に入れておきましょう。普通のカメラ、素人がスマフォで取るようなカメラは写真の中心から離れれば離れるほど、ちょっとボケて大きく映る傾向があるそうです。つまり顔が同じ大きさの人でも写真の真ん中と端っこにいるのとでは、写真の端にいる人の方が、顔が大きく写真に写るそうです。これって顔を小さく映りたいときには損していると思いませんか!?

 

写真に綺麗に映りたいときは顔のオウトツを活かしたメイクを計算して、写真の真ん中に移るようにすればいい、という事です。これらちょっとしたテクニックで写真にキレイに移れるのなら、しないよりは絶対にした方が良いですよね!

 

自然な笑顔の作り方

自然な笑顔を作るためには気持ちを穏やかにしておかなければいけません。気持ちが入っていない作り笑いは自然な笑顔にはなりませんし、人をむしろ不愉快にする場合もあります。自然な笑顔の作り方って…気持ちからくるものですよね。作り笑いっていう言葉にあるように、作った笑顔は人に良い印象を与えることはありません。いつも自然な笑顔で痛ければ心から喜べる何かを常に持っておくことです。それは好きな趣味でも良いし、家族や子供の事を考えることでも構いません。大切な事は心が穏やかになれる何かを自分の胸に中に持っておくことです。

さて、心が穏やかになったところで自然な笑顔の作り方。よく言われる事が口角を挙げる事です。口角とは何か…。口の左右、唇の端っこに当たる部分です。この部分が上に上がっていると(つまりにっこりマーク「😊」のようになっていると)人に良い印象を与えますよ。そして口角につられて目尻を少し和らげると良いでしょう。これは人に好かれる笑顔の作り方の原則です。この二つの条件を満たすと感じの良い印象の笑顔が出来上がりますよ。

笑顔はふんわりと優しく創つくるべきです。上記した笑顔の作り方、ちょっと難しいかも・・・と思われるかたはこんな笑顔のトレーニング方法がありますよ。まず鏡を用意してください。そして割り箸も用意しましょう。割り箸を唇の間に挟んで少し口角を挙げるようにしてください。口角がキュッと上がり笑顔になりはずです。これは実際にモデルさんが笑顔の作り方や口角を挙げるトレーニングの際にするエクササイズです。ですからこのトレーニングを続けると自然な笑顔を手に入れることが可能なはずです。割り箸と鏡、簡単でいつでもどこでも出来る笑顔のトレーニングのご紹介でした。

自然な笑顔を作る秘訣をお伝えしましたが、綺麗な笑顔を作りたい場合はちょっとした練習が必要です。雑誌のモデルさんのような自然な笑顔を自分で作りたいのな写真などを取っ足り、と特別なトレーニングとテクニックが必要です。これこそ、自分の顔の作りがどうであるかなど研究する必要がありますが…、でもそんな特別なトレーニングが必要なのでなければ、割り箸と鏡のエクササイズで十分です。いつでもどこでも自然な笑顔でいられるように、ちょっとした訓練をするのも良いですね。